TX750 外装レストアペイント

1972年ヤマハ初のナナハン TX750の外装レストアをご依頼いただきました。

e0196826_11382148.jpg
e0196826_11383336.jpg
e0196826_11385429.jpg
e0196826_11390636.jpg
レストア作業前の状態。タンクは右側エンブレム上部が大きくへこんでいます。XS650などにもありがちなヘッドライトステーも歪んでいます。

e0196826_11414541.jpg
へこみはスポット溶接で引っ張り出します。この時点でエンブレムが付くか確認します
e0196826_11431070.jpg
他のパーツも剥離作業が終わりました。

e0196826_11441102.jpg
e0196826_11442863.jpg


e0196826_11453820.jpg
サンドブラスト後。  タンクは内部のサビ取り後穴が空いたのでロウ付けで穴を埋めてインナーコートを施工しています。

e0196826_11450281.jpg
e0196826_11483800.jpg

ウォッシュプライマーを塗布

e0196826_11491606.jpg
e0196826_11493578.jpg
ヘッドライトステーも板金で修正した後、パテで表面を整えます。
パテは大きなへこみにはファイバー入りの強度があり引けの少ないポリパテ(グレー)を、表面を整える為には中粘度のポリパテ(イエロー)を使い分け使用しています。

e0196826_11510267.jpg

e0196826_11523496.jpg
サフェーサーを吹いて研ぎ出した後、ベースカラーのキャンディーオレンジの下地となるシルバーを塗ります。

e0196826_11531450.jpg
キャンディーオレンジを塗装。キャンディーオレンジのみでは濃くなりすぎるのでキャンディーゴールドもブレンドしています。
この色もオリジナルはほぼ色あせているものばかりなので、再現するにあたり加減が難しい色です。

e0196826_11590476.jpg
 乾燥硬化後、足付けをして元のタンクから型取ったグラフィックラインをマスキング

e0196826_12011638.jpg

グラフィックをペイントしていきます。

e0196826_12020215.jpg

同時進行でエンブレムの再生

e0196826_12024567.jpg

おそらくアンチモニーにクロームメッキのエンブレム。メッキは経年とアンチモニーの腐食から浮いてしまっていたので全て除去。
アンチモニーの腐食の再生は膨大な費用と手間がかかるので今回は磨き出しで整えます。

e0196826_12123909.jpg

サイドカバーのエンブレムは樹脂製にクロームメッキ。こちらもメッキが密着を失って所々浮いていたので全て剥がし、真空蒸着で再メッキしました。樹脂自体ももろくなっており、クラックもあったので溶着で修正してあります。

e0196826_12144310.jpg

e0196826_12150564.jpg

エンブレムを塗装していきます。

e0196826_12155248.jpg

タンクエンブレムはアンチモニーのサビ発生防止のためクリアー塗装しています。

e0196826_12173312.jpg


e0196826_12192154.jpg
組み付け、リプロのステッカーを貼り完成です。

e0196826_12185099.jpg

e0196826_12195962.jpg

e0196826_12202354.jpg

e0196826_12204836.jpg

e0196826_12211646.jpg

e0196826_12215800.jpg






























[PR]

by ton-uppaint | 2018-06-16 12:30 | RESTORE PAINT