X5

先週の日曜は仕事を抜け出して、
ポートメッセで開催されていたX5を覗きに行ってました。

e0196826_0313219.jpg


いやーすげぇっすね!変形途中みたい。

なかにはうちも微力ながら関わらせて頂いた車両も展示されてました。

e0196826_034771.jpg

e0196826_0344420.jpg


そして…

e0196826_0352057.jpg

会場の中ではいつもお世話になりっぱなしの
Big:O大先生がピンストのデモンストレーション!

描いてるクルマはレーシング仕様のポルシェ!
パキッとした塗り分けが多いレーシングカーの中では逆に目立って
カッコ良いかもしれないですね。

しかし仕事があったので完成を見ずに帰っちまいました。 残念!!
[PR]

# by ton-uppaint | 2009-12-24 00:40 | EVENT

ホットロッドショー終了

e0196826_2014576.jpg


行ってきましたよ、ホットロッドショー。

会場も広くなってて例年以上に凄い人でした。

目当ての車両も見れたし良かったかな。

e0196826_204333.jpg


オーリンズのリアサスにバーンナウトでチビたタイヤカスがこびりついてた。
シビレるね!

e0196826_2064626.jpg


OLDSPEEDブースもたくさんの方に観て頂けたようでなにより!
オールド スピード

このバイクのペイント過程はリクエストがあったので
気が向いた時にでも書いてみます(笑)
[PR]

# by ton-uppaint | 2009-12-13 20:13 | EVENT

今年もいよいよ

HOT ROD Custom Showの季節ですね。

もちろん見に行ってきます。


先日とある所からの依頼で、このショーに出品する車両のペイントをさせて頂きました。

e0196826_1152784.jpg


有名人なのでご存知の方も多いことでしょう
変態プライベーターことユースケ君です。

この度彼はめでたく自分のショップを旗揚げし、そのPRも兼ねてということ。

ショップ名は THE OLD SPEED FACTORY 現在鈴鹿で営業されてます。

近々名古屋に移転予定だということで、ますます楽しみ。

見た目も中身もアツくるしい男でとにかく面白い。

もちろん技術もセンスも素晴らしく、その執拗なまでに追い求める仕事ぶりは
まさに変態的です。


先日納品も兼ねてお邪魔してきました。

ついでにうちの営業車のデリボーイの座席を変えた時に出た不具合を解消して頂きました。

e0196826_1262098.jpg


座席の土台をCHOP&WELDしてもらったんだけど、

軽く溶接してもらうだけのつもりが鉄板切り出して補強まで入れてくれました。

これで横浜までの道中も安心、快適♪

ショー前の忙しい時にすみませんでした。

こちらのオーダーに対して120%の結果で返すことは、自分も心がけていることだけど
いざ自分がされてみると、やっぱりうれしいね。

もし行かれる方はOLD SPEED要注目です。

オールド スピード

という訳で、6日はショー見学の為臨時休業です。
翌7日、8日定休日&所用のため連休とさせて頂きます。

勝手言いますがよろしくお願いします。
[PR]

# by ton-uppaint | 2009-12-05 01:37 | EVENT

Z1300

カワサキの当時のフラッグシップZ1300(KZ1300)の外装レストアペイントです。

6気筒のバカでかいエンジン積んでたアレですね。

この頃のZ系の純正塗膜は現在ほとんどの場合、色が飛びまくっててヒビ割れもヒドくてってのが多いですね。

そりゃ30年以上も前の車両だから仕方がない。塗料自体の質も現在とは雲泥の差ってやつです。

あまり知られてないかもしれませんが、現在主流の塗料の2液ウレタンも出始めてから20年そこそこだってハナシです。

意外に早い塗料の進化。今は水性に移行しつつありますね。

話が脱線しましたが、しかしこの頃のカワサキは早くもキャンディーカラーを使いまくっていました。

キャンディーというのは、まず最初にシルバーメタリックを吹き、その上から半透明のキャンディーカラーを吹くことで色を付ける手法です。

半透明さがリンゴ飴みたいな感じだからキャンディー。

独特の深みが出るのが特徴ですが、手間が単純に2倍かかるしムラなく吹くのにそれなりのテクニックが必要です。

カワサキのキャンディーはそれに加えて下地のメタリックにも着色してあったりします。

この場合下のメタリックの色とキャンディーが合わさって初めて表面上に色が現出するわけで、
その色の再現は困難を極めます…

でもこうしなければ色が鮮やかすぎて、あの独特の重さが出なかったでしょうね。



リペイントをする場合、一度オリジナル塗膜の表面のキャンディー層を削って下のメタリック
を出して、それから同じ色を作り始めます。

こうまでしても結局当時のままの色を再現するのは不可能です。色があせてて見本がないからね。
一度も箱から出してないデッドストックパーツなんかを持ってれば別ですが。

だからこういう場合うちで重視するのは雰囲気です。
言葉にするのは難しいけど”らしさ“、当時のニオイ。クリアーも厚くなりすぎず、鏡面になりすぎず。

仕上がって車両に取り付けて不自然さが出なければ成功。

e0196826_15345921.jpg

e0196826_15351998.jpg

ルミナススターライトブルー。

この色、信じられないかもしれないけど下にレッドのメタリックが吹いてあり、その上にブルーキャンディー。

近頃のバイクでもキャンディーは使われてるけど、下に色付きメタリックを使うのは
あまり見なくなりましたかね。

当時は色々こだわって作ってたんでしょうか。
[PR]

# by ton-uppaint | 2009-11-07 15:43 | RESTORE PAINT

OGK FFMX

先日のReal1でCOBAが被っていたヘルメットはうちのサンプル品です。

e0196826_1435152.jpg

OGK FFMX のカーボンモデル。現在カーボンはカタログ落ちしてるみたいですね。

カーボンを生かしつつ、グラフィックを入れました。


e0196826_14375041.jpg

中央の鈎状のグラフィックの中に入れ込んであるのはリアルシェル。

バイザー&マウスピースは一度メッキをかけた上で、つや消しレッドのキャンディーカラー。

いつでも店頭にありますので、良ければ見にきてくださいねー。
[PR]

# by ton-uppaint | 2009-11-07 14:45 | HELMET